I am a village -カワムラ村-

TAU GRADUATION WORKS 完全レポート

c0221588_15484016.jpg


ちょっと可愛いレポートロゴ↑サイズ大。

さてさて、内部の人にとっては今更感は在りますが2010年多摩美術大学情報デザイン学科卒業制作作品「怒濤のレポート」スタート。やろうやろうと思っていたものの今日まで何かと慌ただしくって。。

まず、一日めの最初の方まだ眠かった皆を起こしたのが、岡野さゆさんのLEDで光るサンバの衣装作品!
c0221588_15591648.jpg

モデルとして毎年浅草サンバカーニバルに一緒に出場を目指しているサンバ部かなんかの後輩さんを連れて来ました。もう一人サンバガールズが居て、一曲踊って去っていってくれました。

さすが、情報デザイン学科の講評。

続いて、既にメディアアーティストとして活躍している和田永さん
c0221588_16234432.jpg


動画追加します!!



2011年沢山のアナログテレビが捨てられます。
遠い国のどこかでこのアナログテレビが楽器として使われたら...と言うコンセプトだそうです。

http://crabfeet.blogspot.com/
c0221588_1631740.jpg


電磁波の様なものを彼自身の体に流しながらこのアナログテレビ達に触るとそれぞれ音階の違う音を発し、彼が様々なデバイスを制御しながらそれらを演奏するんです!
パフォーマンス兼演奏が素敵なのはもちろん、コンセプトにも夢が在って素敵ですよね。
前作:オープンリールのパフォーマンス作品ではメディア芸術祭やらICCやらを既ににぎわせております!本作もどこかで皆さんのお目にかかる事間違い無いでしょう。

続いて、萌え@JAPAN所属でDEAR STAGEでのライブ活動を盛んにし、春にはCDのメジャーデビューも決まっている(らしい)夢眠ねむさん。
c0221588_16325910.jpg

地下アイドル達が住む「ときわ荘」の様な所に彼女は住んでいるそうで、それぞれの担当する色の痕跡がそこに溜まっていくカオス空間を表現したそうです。
c0221588_16382410.jpg

あ、ちゃんと多摩美とか学籍番号まで流れてるんですね。

動画見つけたので追加します。



まだまだ素敵な作品が続きます。
食をテーマにした作品。
c0221588_16425441.jpg


偏屈なじじいと女の子がナイス街で戯れると言う漫画作品を読む映像作家/佐々木成明教授。
c0221588_164669.jpg

ナイス街作者は漫画家目指して修行中で、うまいので私はデビュー報告をいつも待っています。
左がもと学長/バボットクリエイター/高橋士郎氏。
帽子の方はわがゼミのメディアアーティスト/CGクリエイター/原田大三郎教授。
右のMAN WITH 眼鏡は久保田教授です。
はーーー、凄いメンバーですね。ごちそうさまです。

続いて人ごみで人々が行き交う様子を表現した作品。
c0221588_16532493.jpg

水の中にモーターが仕込まれていて、すいすいとこの人々が動くんです。
影が伸びたりちじんだりする様子も良かったです。
たまに人形同士が手を繋いでいくのも可愛い作品でした。
c0221588_1653467.jpg


続いて、アートスタジオの方に移動すると
c0221588_1658332.jpg

出たー!藤田さん作品「無限階段」
c0221588_16591430.jpg

この様に一生階段を登り続けられちゃいます。誰かに「お前なんか一生階段登ってろ!」とかいってこれから降りれない様にされたら地獄ですね。そう、地獄もコンセプトの一部。(確かね)

普通の平面作品もちゃんとあります。
c0221588_172371.jpg

眼鏡の人は港千尋教授。

えーっと邪魔です。原田さん。
c0221588_1745380.jpg

続いては青木春菜さんのMOTHER SHAMOJIと言う作品。
フェルトン星人が地球人のモヤモヤを食べてくれるらしいです。
黒い帽子がご本人。
本作品は美術大学総合展覧会THE SIX!にも出品されたそうです。

c0221588_17112155.jpg

赤いのの中身がこうなってます。彼女は草間彌生の様なアーティストになるんじゃないかと陰ながら私は期待しています。

続いて、宮崎太郎作品。
c0221588_1714219.jpg

友達300人ぐらいだっけな(とにかくいっぱい)の人の顔をモーフィングで混ぜてどんな顔が出来るかなと言う作品で、150人ぐらいを越えた辺りからこの蓮舫議員に似た顔からあまり変化しなくなったそうです。へ〜〜〜。

次は、ヨコヤマヒカル氏の作品。
「夢ゲーム」
c0221588_17171978.jpg

天地も左右もよくわからない空間の中を彼の訳のわからない音楽が流れる中、さまよったりたまに現れる人から逃げたりするゲーム。
コントローラーはおでこに装着するもので「進め!!」と念じると進みます。
私も体験させて貰いましたが、本当に念じると進みます。
私は彼の音楽も意味不明でゆらゆら帝国よりもしかしたらゆらゆらしてるかもと思う。

ちょっと駆け足ぎみで、次行きます。
c0221588_17225870.jpg

掛け軸に手描きアニメーションを投影した和な作品。

山口佳織さん作品/炎の痕跡を残したと言う作品。
c0221588_17241989.jpg


COTEKA JAPANと言う架空のアパレルブランドを表現した作品。
c0221588_17254751.jpg

左側の物達がそこの製品で簡単に説明するとチ○コカバーです。
右側に在るのがそれのカタログブックでモデルの方も雰囲気が在って実に格好良い物になっていました。料理のコックさんとかは帽子が長い程偉いけどコテカが長い程偉いという制度を日本のやくざ文化の中に入れたらどうかとかそんな提案も含まれていたはずです。

宇野翔吾さんの作品。
人が彼の作品の中に入ると痕跡が残って別画面にて絵の様なものが生み出されていくインスタレーション作品です。
c0221588_17311288.jpg


合法少女:管理人とりかわ先生の立体漫画作品
c0221588_17334972.jpg

漫画の時系列を2.5次元表現しています。

片桐恵美子さんの作品は「文字のレントゲン」
c0221588_17373118.jpg

文字をレントゲン検査にかけたら文字の本当の意味が浮かび上がるのでは、と言うコンセプトのもと作られたとても深い作品です。
あ、写真家の畠山さんだ!
c0221588_17375597.jpg

「文字という「記号」にレントゲン検査をかけるなんてなんてナンセンスで恐ろしい作品なんでしょう。」

つづいて福原マサヒロさん作品。
c0221588_17413858.jpg

滝の写真の連写画が最新のモーフィングによって次々と姿を変えていく約15分間のインスタレーション作品。

続いて、大西 義人 (also known as "falcon")
c0221588_1745583.jpg

これもすんんんんごかったです。
世界中の音の海の中を海賊船で大航海に出かけられます。
私にはこのぐらいの説明能力しか在りませんが、マジで大航海です。この作品。
しかもとても速い船に乗れます。船長が大西君です。

詳しくは動画で




近くを別作品のチョウチョも舞っていました。
c0221588_17511749.jpg

一日めはこのへんで終わり。
たかが美大生、されど美大生。
若い者のパワーは計り知れないのですね。

Graphic Design& ArtWorks カワムラ村ALL RIGHTS RESERVED
[PR]
by kawamura-mura | 2010-01-19 17:56 | 日々の事