I am a village -カワムラ村-

日本のメディアとBBCの比較考察

私は普段BBC WORLD SERVICEc0221588_2115836.jpg
をitmsを通じてほぼ毎日聴いて居るのですが、聴く日数が増える程BBCの報道に慣れてきます。(まだ2ねんめだけど)すると、日本の報道メディアのレベルの低さを眼の前に突きつけられる様な気持ちになります。

 まず、BBCの報道と国内のメディアは音で伝えられる情報のリアリティーが違います。今回は、エジプトの革命報道の時の事を例にあげます。BBCのワールドニュースのポッドキャストでは、本当にその現場の中にいる音が番組を通じて、ダイレクトに聞けて何万人もがあの広場に集まって勝利に歓喜している音が配信されました。私は、これまでの人生であれほどまでに「勝利」と言うものが感ぜられる音を人生で聴いた事が無く、行った事も無い国の人々の歓喜に感情を奪われ、震えと寒気が止まりませんでした。その頃の同時期の日本の報道する物とは深みと気迫がまるで違いました。

 BBCの方では普段から台本に取材をする上での苦労した点等も織り交ぜられたりするのですが、メディアが人間として見えて来て、親近感も湧いてきます。日本は情報を配信している立場に未だ優位性を感じてるのか配信者目線が崩れないですね。

 あと、リビアやエジプトのニュースにしても、日本のメディアは火事場を過ぎたらすぐ撤退するのですが革命が起きた後の人々の新しい国の建国に対する葛藤等もBBCはちゃんと報道します。

 事実だけ伝えられても人間を知る事にはならない。世界を知る事によって、人間を知り、人間を知る事によって、自分の事もこれまでと違った目線で見る事が出来る、とBBCのGLOBAL NEWSの配信を聴く様になってから思う様になりました。


では、今日はこのへんで。

最後に全っ然関係無いけどこれ、なかなか良い記事でした。
MSN産経ニュース(上)全国で暴排条例施行「異様な時代が来た」
リンク
ラジオ番組化希望!

-------------------------------------------------------------------

Graphic Design & Art Works -RIVER VILLAGE-
http://www.kawamura-mura.com/

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kawamura-mura | 2011-10-04 22:43 | PODCAST